お知らせ

オープンハウス(見学会)など、新築やリフォームをお考えの方に
参考になる情報を更新してまいりますので、お楽しみに。

『阿久比町の家』オープンハウス(完成見学会)のご案内
2014年10月16日 オープンハウス開催(完成見学会)

かねてより阿久比町にて設計・監理を進めてまいりました『阿久比町の家』が竣工致します。

クライアントのご好意により完成見学会を開催できる運びとなりました。 是非お待ちしておりますのでご来場頂ければ幸いです。  

『阿久比町の家』オープンハウス(完成見学会)

□日時:11月8日()、9日(

□開催時間:10時から17時

□場所:愛知県阿久比町

    お問い合わせくださった方へ詳しい住所をご連絡致します。

□お問い合わせ先:m+h建築設計スタジオホームページ内のお問い合わせから申し込み下さい。

□直接の連絡先:担当:林(0566-91-1357もしくは携帯090-4187-0154)

  “中庭、レベル差を利用した開放的な住まう空間” 四方を隣家に囲まれた延長敷地の奥にたたずむ住まう空間です。隣家に敷地環境の中にあって光と風の通り抜け、視線の遮りを確保するためいくつかの操作をしています。 主に1階に位置する家族スペースは目線の高さに位置する斜めに浮遊する壁に囲まれた中庭空間を介して外部との繋がりを持たせています。その中庭空間に面する大開口や両端に位置する地窓などを通して光と風が行き交います。 2階に位置するそれぞれのプライベート空間では部屋のレイアウトやレベル差を工夫することで確保しています。夫婦の主室は隣家から開口部位置をずらすことで隣家向こうにある森林の借景を取り込んでいます。そしてさらに高い位置にある子供室のスペースは隣家の2階高さより少しだけ高いレベルに位置し光と風、プライバシーを確保するとともに夫婦の主室と同様に隣家向こうにある借景を確保することで気持ちの良い空間となっています。 様々なレベル差があることで目線や景色に変化が生まれ移動すると言う行為に楽しさや豊かさが生まれることを意図しています。 あながち外部に対して閉ざし気味になりがちな周辺環境ではありますが開口部の位置や床レベルを工夫することで外部に対して開放的な住まう空間としています。 01 02 03 05 04    

カテゴリー

月別

一緒に考えませんか?
具体的な設計のお話に限らず、リフォーム・費用・土地など、
まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
理想の実現や問題解決に向け、設計士が一緒に考えさせていただきます。
m+h(MアンドH)建築設計スタジオ
tel.0566-91-1357
〒446-0061
愛知県安城市新田町大山田35-4グローリーI302号室
お問い合わせ / オープンハウス

pageup